Entry: main  << >>
【MixCD】新作追加入荷情報!!

【MixCD】新作追加入荷情報!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【SOUL】

RHYME&B × DJ YMG - TWO LIGHTS
福岡のHIPHOP LABEL“BLACK MIX JUICE”が仕掛けるMIX企画「BMJ FLEEK BOND SERIES」の第2弾がリリース!
第2弾はDLiP recordsのdigger RHYME&B × DJ YMGによるSWEETEST SOUL MIX!
ALL VINYLで制作された今作は、哀愁感漂うマイナーソウル〜完成され過ぎていない愛しき80's SOUL〜メロウに満ちたSWEET SOULで構成された、どこか夜を感じさせる作品となっている。

随所に散りばめられた現場感溢れる二枚使いや、二人とも親交の深いRAPPER'Sのシャウトも必聴!(SHOUT by DUSTY HUSKY , SHEEF THE 3RD , ITTOK , i.LO)
ART WORKには多くのアーティストのジャケットデザインやアパレル、雑誌、イベントフライヤーまで様々な方面で活動するイラストレーターTOYAMEG!
音、ジャケット共に夜、SWEETEST SOULを感じる作品に仕上がっている。

TRACK LIST :

-RHYME&B Side-
01. Two Lights Intro
02.Gotta Make It Up To You
03.Heaven
04.Love Bank
05.Eternal Life
06.How Do You Like Your Loving
07.Let's Start Love Over
08.You Wouldn't Understand
09.Luv's Invitations
10.I Wonder
11.Kingsize
12.The Rush

-DJ YMG Side-
13.Adventures In The Land Of Music (Shout by Dusty Husky)
14.We've Got The Love
15.I Miss You (Rap by Wapper)
16.He Don't Really Love You
17.Hip-Notic Lady
18.Giving Love (Shout by Ittok)
19.With You
20.Never Had A Dream Come True
21.I'm Gonna (Shout by Sheef The 3rd)
22.Love's Calling
23.This Time
24.Promise Me
25.In The World Of Fantasy (Shout by i.LO)
26.2nd Day Love Story
27.One Night Of Love

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

BUSHMIND - New β Sound

「BUSHMIND によるニューエイジMIX」という字面だけでパワーワードだけど、これは本当にリリースされる。
現状レアグルーヴ化し、世界規模で定着したニューエイジ・サウンドは、皆一様にイメージが浮かぶものだけど、一体その実快楽としてそれを貪っている人もどれだけいるのだろう。
サイケデリック・ノウレッジ高過ぎるB-BOY BUSHMIND は、ユートピア構築中もXXL を着る。
6 つのチャプターに分かれ、サスペンドとフロートを繰り返す揺らぎ、身を委ねるうち訪れる中毒と酩酊の波長。
ニューエイジの髄である内省と宇宙を繋げるだけに飽き足らず、街角のマンホールからもワープ穴をこじあけた風通しの良さがたまらない。
レビューを書いてる中古レコ屋の僕自身全く未知のアーティストが並ぶ中に、GUILTY C やGRIM TALKERS, RAMZA など旧知のアーティストを差し込み、WHY?や来日公演も素晴らしかったBITCHIN BAJAS、ROMAN FLUGEL もここではニューエイジとして並列に捉えられていて、最後SYNTHZISTERS から2x4 にも出演したind_fris で着地する様。
夢に逃避、現実はハード。
見えた終点。
最高のラストに拍手。
Text by Michioshka ( Seminishukei / Ebbtide Records )


TRACK LIST :
Scene 01
Satoshi & Makoto - Lumiere
Scene 02
Charles Ditto - Pop
Sora - Etude:Diagonal
Why - Ape In Cage With Wire Cutters
Rimarimba - Steady State
Delta Rain Dance - Transmission One
Scene 03
Ariel Kalma - Enuej Elleiv
Inner Science - Tails Ambient 02
Iury Lech - Barreras
Frits Wentink - Sixth Forlane (unreleased mix)
Aki Tsuyuko - Flutter
Scene 04
Grim Talkers - Daydream Grime
Bitchin Bajas & Bonnie "Prince" Billy - You Are Not "Superman"
Ramza - Inaba-Nagara
Roman Flugel - Believers
Scene 05
Guilty C. & Tabata Mitsuru - Bayti
Javier Segura - Secuencia Fílmica
Peter Kardas - Words for You
Guilty C. - Music For A Town
Synth Sisters - Euphoria
Scene 06
ind_fris - Blue moon


PROFILE : Bushmind
その手とコクピットに並ぶ機材を駆使して空気を歪め、新たな音楽と高次元/ 高純度の空間を作り出すトラックメイ カー/DJ。
2007年1st アルバム『Brignt In Town』(tearbridge production / Avex ) 、2011 年2nd アルバム『Good Days Comin’』(P-VINE)、2015年3rd アルバム『Sweet Talking』 (AWDR/LR2) をリリース。
2017 年、全トラックをプロデュースしたROCKASEN のアルバム「Two Sides of」をフリーで配信。
仲間と共にその遊びの感じ場所と時間を巧みに配置し数々の曲に落としこみ、作品と遊びを拡散して行っている。
曲からアートワー クに至るまですべてをHOME&FAMILY MADE で繋ぐ。
遊ぶTOWN での出来事をPACKING した多彩な色に輝くその盤は、穏やかに多くのドラマを産み出す。
街のスポットで取り引きされる無数のMIX CD 群は様々な憶測を喚起し、ストーリーは続いて行く。
すべてのワックとヒッピーにレクイエムを送ろう。
ミーンストリートが交差するBRIGHT な四角か ら。
BUSHMIND IS COMING TO TOWN。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【HipHop】

DJ Mitsu The Beats - IMA#38

Latest Hip Hop Mixの新定義『IMA/アイマ』シーズン4。
確かな耳とスキルを持ったDJが隔月交代で最新Hip HopをMix!
第38弾はDJ Mitsu The Beatsが登場。
世界基準のDJ/Beatmakerとして、国籍、ジャンルをクロスオーヴァーし続ける、信頼のセンスが選ぶ”今”とは。

いよいよ90年代中期サウンドのリバイバルがやって来そうな予感。
太く、どっしりとしたサンプリングサウンドがしっくりくる序盤。
実力派MC達のレイドバックしたフロウがビートにしつこく絡みついて都会のストーリーを炙り出す。
メロウで酔える音楽的な曲と、現実を突きつける緊張感あふれる曲が次々と入り乱れ、そして紡がれていく。
「今回はよりメロウな雰囲気を意識しながら選んだ」という肝入りの中盤戦。
タイトなドラミングが光るBPM90代の揺れざるを得ないグルーヴにもっていかれます。
後半は極上のスロウジャムで〆へ(+贅沢な余韻付き!)。
Mitsu the Beats印のアーバンかつ機能的なセンスを遺憾なく発揮した今。
タイムレスに在るべきものとトレンドの行方。
双方を占う豪華盛り。


PROFILE : DJ Mitsu the Beats (GAGLE / Jazzy Sport)
ビートメイカー、DJ、プロデューサー、リミキサー。
2003年にソロアルバム「New Awakening」をリリース。
海外アーティストと積極的にコラボレーションを行う。
2004年L.A「URB」誌で期待するアーティスト100人に日本人で唯一選出され、アメリカやヨーロッパツアーだけでなくアジア圏でも成功し、海外でもその人気、認知度は高騰。
2014年、世界クラブミュージック動画配信メディア「Boiler Room」が初の東京中継。
DJ MItsu The BeatsのDJプレイをライブ配信。
アーカイブ化されたその動画は長時間にも関わらず異例の約50万再生。
2018年1月、自身が所属するヒップホップユニットGAGLE6枚目のアルバム「VANTA BLACK」をリリース。
現在新たなソロアルバムを制作中。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【HipHop/Dig】

ILL-TEE - Baysick Instinct
MIDNIGHTMEAL RECORDSによるミックスCD新シリーズ ”Rappaz R.N. Dainja”。
第一弾アーティストとして選出されたのは、MEDULLAのILL-TEE!TEE-$HORT氏の影響であろう、愛聴しているのはベイエリアのヒップホップ。
さらにベイエリアの深海に潜り込み発見したサンプリングソースの数々。
大ネタ、レア盤どうでもよし、ラッパーILL-TEEが本能(DICK)で感じたGOODなMUSICをセレクト!

「ソファーに座り足を組み替える彼女は4人姉妹の中でもいちばん美しいと昔から評判だった。
タチの悪そうな従兄弟もいた。
彼女とは何度も夜を共にしたはずなのに、その度に、心も滑り抜けていってしまう気がしてならなかった。偉大な愛とはこのような状態を指すのかもしれない。
The Murder of Johnny Bozー。
繊細でかすかなオークの名残と少しピリッとした香りがするこのmixは、都会の夜に一段とよく似合う。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| NEWPORT | 18:50 | comments(0) | - |
Comment








Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

Profile

Search

Entry

Archives

Feed